古くから行われる行事

日本では、古くから子供の成長に合わせて様々な行事を行うしきたりとなっています。「生後◯日」「満○歳」などのタイミングに行事を執り行うことで、子供が大人になるまで健やかな成長を遂げられると言われているのです。

日本古来からあるポピュラーな行事

人形

お七夜

子供が生まれて最初に行なう行事が、「お七夜」です。こちらは子供が生まれてから7日目の夜に行なう行事で、内容としては親族や知人、そして神様に対して子供の名前をお披露目し、お祝いするというものです。

お宮参り

お宮参りは、生後1ヶ月を迎えた子供と共に神社に参拝し、神様に対して成長を祈願する行事です。一般的に、男の子は生後31日目、女の子は32日目が理想的な参拝日と言われています。

百日祝い(お食初め)

百日祝いは生後100日を迎えた子供が「将来食べ物に困ることが無いように」祈願する行事で、お食初めとも言われています。

初節句

初節句とは、子供が生まれて初めて「節句」を迎えた際にお祝いする行事です。こちらは男女によって日にちが異なり、男子の場合は5月5日、女子の場合は3月3日となります。

七五三

七五三は子供の成長を二年区切りで祝うもので、満”3歳”、”5歳”、”7歳”となる年に執り行われます。ただし男女によって祝うタイミングが違っており、3歳では男女関わらずお祝いしますが、5歳の場合は男子のみ、7歳は女子のみお祝いする事になっています。

雛人形や着物を用意して子供の思い出を残そう

雛人形

行事ごとに必要なものも違う

上記で挙げた行事には、袴など日本古来の正装で臨むのが正しいマナーとされています。そのため、着物をレンタルするなどの事前準備が必要となることは覚えておきましょう。さらに、節句をきちんと祝うのであれば、男の子用の鎧・兜飾りや、女の子用の雛人形が必要となります。

ひな祭り

思い出づくりのためにも

行事は強制ではありません。必要とされる衣装や道具も多いため、最近では執り行わない家庭も増えているのが現状です。しかし、子供にとっては一生に一度しか行う機会のない重大イベントでもあります。親にとっても思い出づくりのチャンスなので、出来る限りは行ったほうが良いです。

[PR]
可愛らしい雛人形を
格安で上質な人形が手に入る!

お祝い行事を執り行った方の意見

雛人形

20代女性/1児の母

両親に勧められて、お宮参りを行い一家揃った写真も撮影しました。子供が赤ちゃんなのは当然ながら今だけなので、今のうちに赤ちゃん期の思い出を残したいと思います。

50代男性/3姉弟の父

アルバムから七五三の時の写真を見つけるたびに、懐かしい気持ちでいっぱいになります。子ども3人の内2人が結婚していますが、こうやって子どもたちが幸せな家庭を築けたのも、行事をきちんと行ったからかもしれません。

[PR]
マタニティパジャマをゲット
色々なデザイン紹介中

広告募集中